どんよく!夫婦2人月6万円生活

幸せびんぼう夫婦の食・寝・遊

カテゴリ

【節約】ある程度の小ぎれいさをキープしつつ毎月の美容費を1000円以下にする方法

スポンサーリンク

f:id:binbououji:20170607014034j:plain

 

おっすっす~、美容にはお金をかけないほう、タマヤスだよ~₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾フイフイ

美容業界って女性の恐怖心煽りすぎじゃない?

本当にそんなにきれいでいるためにがんばらなきゃいけないんすか?(半ギレ)

 

メイク用品に、スキンケア、ヘアケア、ネイル、ダイエット、脱毛……本当に女性ってふつーに生きてるだけでお金がめっちゃかかりますよね!

かといって、美容費を節約しすぎてきったないおばはんにはなりたないねん。
というわけで工夫を重ねていろいろやってみた結果……美容院や化粧品、スキンケアアイテムなどまるっと含めて平均化したら、毎月1,000円以内でそこそこ小ぎれいさをキープすることができるようになってきました。

わたしが考える、美容への価値観と、美容費節約方法を紹介します

脱毛、黒ずみ、過剰なアンチエイジング…本当にそこまでやらなきゃだめなの?

気になるテレビCMを見つけました。

白いワンピースを試着した女性に、店員さんが「お似合いですが……膝が黒ずんでます!」と指摘するCMです。
ショックを受けた女性は、塗り薬で黒ずみを改善してめでたしめでたし……。

 

なんかイヤじゃないですか?この感じ( •́ฅ•̀ )

 

このCMに限らず、美容業界って商品を売るために女性の美への危機感を煽りすぎだと思います。

 

「男性は女性のムダ毛に幻滅しています!だからみんな脱毛するべき!」

「アンチエイジングは早くから始めないと大変なことになります!」

「シミやそばかすのある肌は美しくない!陶器のような肌でなければ!」

 

うるせぇ……。

どんだけ努力と金を要求されるんだと。
わたしたちに人形にでもなれっちゅーんか。

たとえ、全身脱毛して、黒ずみをケアして、スキンケアは入念に……とがんばっても、いつか生きている限り体は老化します。どこまでがんばっても、「100点満点」なんてもらえないんじゃないでしょうか。

どこかで、自分は自分なりのきれいさでいいんだ、と納得しない限り、永遠に美のために過剰に搾取され続けると思います。

わたしはきれいになることや、きれいのために努力するのは素晴らしいことだと思う。でも、物を売るための過剰な広告に踊らされて、あれもこれもと手を出すのはただただ損でしかないと思います。

本当はやらなくてもいいこと、やらないほうがいいことを全部やめる

わたしは、社会人でばりばり働いていたころ、乾燥肌と敏感肌にすんごい悩んできました。お金をかけ、手間をかけ……それでも改善できない肌トラブルが、あるときから徐々によくなっていきました。

それは、肌に過剰に塗りたくることをやめたこと。

肌のトラブルを隠すための厚いベースメイクをやめて、極力クレンジングや過度の洗顔をしないように気を付けるようにし、グリセリンを水で薄めた自家製の化粧水を吹きかけるだけ。

それを数か月続けたら、あれだけクリームを塗りこんでも乾燥していた肌が、化粧水だけでしっかりうるおうようになっていました。

あんだけお金かけてたんはなんやってん!?って感じです。

良かれと思ってやっていたことが、わたしの肌をどんどん悪化させていた

それ以来、わたしはスキンケアにお金をかけるのはやめました。

保湿は基本手作りの化粧水だけ。乾燥が気になるときは、ココナッツオイルとかオリーブオイル、ホホバオイルなんかをごく薄く重ねます。

ベースメイクは、赤ちゃん用の安い日焼け止めに、ふだんはせっけんで落ちるパウダーをさらっとはたくだけ。

  • 乳液
  • クリーム
  • 美容液
  • カラーコントロール
  • 化粧下地
  • リキッドファンデーション
  • コンシーラー

など一切不要になりました。
でも、わたしはとくにブスになってないし、だれからも気づかれてないと思います。

努力なくしてきれいになれると思うなよ……

お金をかけていろいろやればそのぶんきれいになれるなんて都合の良い幻想でしかないんです。

それより、食生活を調えて便秘にならないようにするとか、食べ過ぎで太らないようにすることのほうがよっぽど見た目に効果的だし、お金もかからないんです。

まず、できる範囲でそういう地道な努力をやってみることが一番の美容法だと思います。なんの努力もせずに太り続け、肌をボロボロにしているうちは、お金をかけてスキンケアしようが、きれいな服を買おうがあんまり意味ないんじゃないでしょうか。

 

ちなみにこれは結婚して8kg太った自分に向けて言ってるんだYO( ◜◒◝ )痩せろタマヤス

コスパ重視の美容やファッションなら節約と両立できる!

わたしは月6万円の節約生活でも、おしゃれをあきらめてません(笑)

ここに全部書いちゃうとすごく長くなってしまうので、続きはまた明日。

明日のお題は、「美容院代の節約」です☆

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加